大至急、即日借入のできるキャッシングとは?

お金が必要になったら、どのように行動すれば良いのでしょうか? 家族に借りる、親戚や知り合い、友人に借りるといった方法もありますが、もっとカンタンに「誰にも迷惑をかけずにお金を借りる」より良い方法があります。

 

それは、カードローンを利用した方法(キャッシング)です。カードローンを利用すれば、最短30分程で審査が受けられ、平均1時間以内に必要なお金が、低金利で借りられるのです。キャッシングで借りられる金額は、最小1,000円から最大1,000万円と、目的に合わせた借り方ができます。以下で、詳しく説明していきましょう……。

 

 

キャッシングって何?

 

「キャッシング」という言葉を良く聞きますが(キャッシングには)どのような意味があるのでしょうか? また、キャッシングには、どのような役割があるのでしょうか? 

 

キャッシングとは「現金を借入すること」を指します。預金口座からお金を引き出すのとは違い、銀行や消費者金融、信販会社を通じて、少額の融資を受けることを(私たちは)キャッシングと呼んでいます。

 

少額融資とは言え、利用できる金額は大きく設定されています。消費者金融の場合は300万円から500万円、銀行の場合は、最大1,000万円近くまで利用できます。

 

消費者金融や信販会社、銀行のどのローンでも「保証人、担保無し」で融資が受けられます。ビジネスローンや住宅ローンのように、保証人を探す必要が無いのです。ここでは、高い保証料を払って、保証会社と契約する必要もありません。申し込んだ本人の「返済能力を考慮」して、契約が結べるのです。

 

契約の可否は、信用情報機関のデータを元に決定されます。ここでの「信用情報機関」とは、株式会社CIC、全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構などの機関を指します。

 

クレジットカードの利用履歴、キャッシングの利用状況、過去や現在の返済状況などが、各機関(信用情報機関と金融機関)でデータ共有されています。また、カード利用者の年齢、住所などの個人情報のほか、家族構成、勤め先の情報、勤続年数、持ち家や不動産の有無など、細かな情報まですべて、信用情報機関が「個人データ」として大切に保管しています。

 

どうして、キャッシング 即日利用できるの?

 

前の項目で説明した通り、カード会社は「信用情報機関」のデータを使って、私たちのローン審査を行っています。こうしたデータがあれば、それぞれの(申込者の)返済能力を数値化しやすく、審査の結果が短時間で決定できるのです。

 

返済異能力の数値化は、別名「スコアリング」とも呼ばれています。カードの利用状況のほかにも、年収や勤続年数、不動産所有などの状況を細かく、数値化しているのです。

 

データを共有することで、申込者を「返済できる人物かどうか」自動審査できます。実際に、カードローンのモビット(三井住友銀行系列)では、信用情報機関のデータを使って自動審査を実施しています。

 

自動審査を導入することで(モビットの審査結果は)申込みの直後、パソコンやスマートフォンの画面上で即、確認ができるようになりました。このほかにも、各金融機関(消費者金融、銀行など)がデータ共有することで、幅広く「即日融資に対応」できるようになりました。

 

自動審査のローンやキャッシング 即日融資対応のローンは、可決される金額が(全体的に)低く設定されます。100万円や300万円を超える融資には、審査が慎重に行われ、可決までに時間が掛かってしまうので注意しましょう。

 

最初の可決額が少ない場合でも、心配する必要はありません。コツコツ返済を続けていれば、早くて半年、遅くとも1年を経過する頃には、自動的に利用可能枠が上がるはずです。自動で上がらない方は、カード会社に「利用枠の増額」を申請してみてください。
キャッシング金利は、銀行ローンが最も低く、消費者金融や信販会社は(銀行と比べて)やや高めの設定になっています。ただ、消費者金融ローンの中にも「銀行より低金利のローン」が一部にあります。

 

例えば、三菱東京UFJ銀行系列のアコムや三井住友銀行系列のモビット、プロミスのような「大手銀行系消費者金融ローン」は、最低金利4%台の低金利設定となっています。こうしたローンを使えば、銀行と変わらない条件で、低金利ローンが利用できます。

 

また、モビットやプロミス、アコムでは「貸し付け条件が大きい」ことでも知られています。例えば、同じ銀行系消費者金融のノーローン(新生銀行系列)では、貸し付け上限額が300万円に限定されているのですが、モビットやプロミス、アコムでは、最高500万円まで融資が受けられます。

 

500万円の融資が利用できれば、リフォームやマイカーの購入、他社からの借り換えにも代用できます。低金利で審査のゆるやかなローンをお探しの方はぜひ、アコムやプロミス、モビットのような「低金利・銀行系ローン」を利用してみてください。

 

「500万円では足りない」という方や「もっと金利の低いローンが使いたい!」という方は、オリックス銀行のカードローン商品がおすすめです。オリックス銀行カードローンは(銀行の中では比較的)審査がゆるやかで、アルバイトやパートの方、主婦の方にも多くの利用者を抱えています。

 

また、オリックス銀行の金利は最低3.0%から、融資の金額も800万円と高額なので、あらゆる用途に活用できます。銀行ローンは「審査が厳しいのでちょっと……」という方も、オリックス銀行なら気軽に利用できるはずです。銀行ローンを諦める前に、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

キャッシングローンは、誰でも利用できる!

 

キャッシングは「誰でも手軽に利用できる」便利なサービスです。申込みをしてからすぐに(30分前後で)審査結果が分かるので、急なお金の問題にも慌てず冷静に対処できます。パソコンや携帯電話、スマートフォンから申込みをすれば、その日の内に、必要な資金が準備できます。

 

銀行ローンの金利は、3.0%(オリックス銀行カードローンなど)から利用でき、その他の銀行系ローン(モビット、プロミス、アコムなど)でも、4%台で融資が受けられるので、返済負担も少なく済みます。

 

現在、クレジットカードの利用が増えすぎてしまった方、借入件数が多い方は、オリックス銀行カードローン、モビット、プロミス、アコムのような、低金利ローンへの乗り換えを検討してみましょう。

 

カード会社には、それぞれ「返済シミュレーション」のツールが用意されています。カードローンの公式サイト、専用アプリにアクセスし、これらのツールを使ってみてください。シミュレーションツールを使うことで、これまで以上に金利を低くし、負担の少ない(ムダの無い)返済計画が立てられます。

 

月々の返済負担が重く、生活が苦しい方は、低金利ローンへ借り換えや「借入の一本化」をしてみましょう。消費者金融ローンでも、借り換えやおまとめの利用を積極的にすすめています。また、おまとめでの利用は、すべて総量規制の対象外で利用できるので安心です。